アラフォーがお金をなるたけ使わずキレイになるblog

アラフォーのらいふはっく的なblogです。 アラサー、アラフィフ、アラカンでも見ていってね!

フランス人は服を10着しか持たない レビュー・感想

スポンサーリンク

a.k.です。

本を読んだのでちょっとした感想です。

 

1年前のベストセラーだよね

 

さわり・どんな本か

著者はアメリカ人。

 

1週間分の食料を車で買いに行くことや、

食べ過ぎちゃったwジム行こw 等の

アメリカナイズ=悪とまではいかないけど

それはよいことじゃない。

 

生活をフランス風に生きていこうと提案。

 

正直ちょっとタイトル詐欺で

メインの話の服を10着の話は1/4程度

コーディネート等は無し。

 

ざっくりいうとタイトルの10着は

普段着だけの数。

コートや下着 パジャマは含まず。

夏 上5着 下5着 冬 上5着 下5着

 

 ……。10着じゃないじゃん。

普段着だけですでに20着じゃん。しかも、コート等含まず。

 

本を読んだことによる気付き

フランス人と日本人の共通点に気がついた。

フランス人が何故ジャパニズムが好きなのか理解した気がする。

ただし、昔の日本

 

・間食をせず、3食たくさん食べる

・歩きながら食事をしない(アメリカ人はコレが常識)

・洋服は少ない(昔の日本)

 

生活習慣が似てるから親近感が湧いたのかなと。

まぁ第一は江戸時代のおもしろ風俗・文化 でしょうけど。

 

あと、映画やドラマなどで欧米女性がよく偽和風 シルクの夜間着ガウン着てるけど

アレを超絶おしゃれだとおもってるらしい・・・

あの偽和風のセンスが好きじゃないのは私だけじゃないはず

 

他にも沈黙は金なりということわざは外人の辞書には無いらしい

(雄弁は銀も無いんだろうか?)

 

今の大量消費(ユニクロとか週末イオン)ってアメリカナイズなのねん・・・

 

本を読んでこうしようと思った

  • 100均の皿をやめる(せめてフランフランにしよう・・
  • Tシャツを着るのをやめろ(トレーニング以外で 大人にはふさわしくない)
  • 朝ごはんは フルーツ・ヨーグルト・紅茶を飲む

 

実は、この記事の元を書いたの半年以上前なんです。

100均の皿、Tシャツは見事に買ってません。

でも、これ欲しかった。

 

なんで壊れとん?と突っ込みたい。

 

ベジータ好き。

服関係なく、フランスでびっくりした知識

一番びっくりしたの本の内容は

体温計を口でくわえる派のアメリカ人

フランスで体温計を借りた。

 

それを口に含み体温を測ってると フランス人がソレ見てどびっくり!

 

なんと

フランスではケツの穴で体温をはかるそうです。

 

フランスに行った際、気をつけましょう……。

脇の下でも強烈そう